Message in a bottle

1991年生まれ。読書、映画、音楽、アートが大好き。英語・トレーニングが最近のターゲットです。

一年ほど前に会った外資系の女性社長を覚えている

生まれて初めて国を出た時、私は二十五歳だった。 その数か月前のある日、私は社長に連れられて外資の顧客に会いに行った。 一日で東京を忙しなく回る。 銀座の一等地の路地裏にじめじめと建つビルから、IDカードを得意げに下げて歩く人で一杯の高層ビルまで…

TOEIC受験ー二度目を終えて

先月に引き続き、本日は私にとって二回目となるTOEIC試験がありました! そして、ついに初TOEICのスコアを受け取りました!(ネット閲覧にて) その結果は…恥ずかしいやら情けないやらであまり書きたくないのですが…今後目標へ近づく過程をどんどん公開したい…

猫と車とビル

新生活が始まり、二週間が経ちました。 私は海沿いの第三セクターの会社まで、片道三十二kmの道のりを通っています。 沼ぞいの道を通ると蟹がサッと逃げていき、最近生まれた子猫ちゃんが集団で丸まっているのどかな田舎。毎朝決まって野菜炒め・出汁巻等を…

私達が英語をはじめた日

「いつか英語に関する記事を書いてみよう」と思いながら、どれだけの月日が経っただろうか。英語学習に関する記事は既に掃いて捨てるほどネット上に流れており、初学者に近い私が今更書くことなどなにもないのだが…。 たまにはPDCAの過程をここに公開して、…

アメリカで人生を取り戻した私の先生の話

このままだと私は「海外生活雑学ファン」になる… 1日あたりのアクセスが3しか無いブログ運営によって数円の広告収入を生むか生まないかすら怪しい(多分生まない)田んぼの横の下水路のような存在になってしまう。 忙しいこと、充実していることが大好きな私…

どうして君はそんなところに【捨てることが大好きな私がどこにでも持ち歩いたノート】

Evernote、i Cloud、One Note――― そしてMoleskinを知らない”意識の高い”ビジネスマンはいない、そんな気がする。 思えば一時期、ノート術と筋トレがビジネスマン向け書籍のトレンドだった。 そいつらはプラスチックの甘い香りのする新書店に並べられて、「迷…

心の小さなブラックホール【喪失感の受容過程】

なんと初エントリーです!Haruoです。 その初エントリーが「喪失感情の受容過程」…… 暗ッ!地中海の最果てに留学していたのだから、いくらでも楽しい話題があるでしょ!…という声が聞こえてきそうですが、いえいえ、これは、実は人が悲しみから幸福に至るま…