Enter The Void

1991, Tokyo. A trader from the country side. Book

そうしてフィリピン留学を終えた

◆ フィリピン留学が終わった

フィリピン留学が終わった。そう、終わった。
留学のターゲットが明確である故の冷静さと、それでも奥底に燃える未知なる土地での変化への期待。
そんな相反するエネルギーの中で日本を発ち、先日無事帰国致しました。
相変わらずブログ運営の才に欠ける為、体裁の悪い記事となりますが、その結果を簡単にまとめます!

◆目標1 TOEIC 800点を獲得する…達成!

 
2017年12月9日。
犯罪率の高さで有名なフィリピンの中でもとりわけヤバいとされるManila市の郊外から、初めて都市部メトロ・マニラへとお上りさん。
試験当日は朝の4時過ぎに起床し、生まれて初めてUbarを利用。
タクシーを探すも、やはりなかなか捕まらず焦る。非常に焦る。捕まったと思ったら消えやがる。ひたすら焦る。
結局、初老の和やかなドライバーさんの電波が捕まり、お世話になった。
ナンバーが私の誕生日と同じだったので、縁起が良いな!と思わず写メ。


まだ夜から目を醒まさない暗いマニラ市内を、清潔で重厚な日本車の中から眺める。
それでも町の人々は既に目を醒ましており、ホコリがかかった看板の下で忙しなく歩き回っている…。
最初の留学時代を思い起こすような、異国の地を一人で駆けずるあの感覚を取り戻した様な…忘れられない感覚でした。


さて、交通状況の劣悪さに定評のあるマニラ。
万が一を恐れて5時半頃に語学学校の寮を出発したが、なんと30分程度で試験会場に着いてしまう。
受け付けは7時半から…「Why are you so early mam?!」と非常に文法が怪しいタガログ語なまりの英語で係員に話しかけられることとなった。
フィリピン恒例の「歌いながら働く陽気なスタッフが過剰な人数で現場におしよせる」現象は健在で、受付のデスクにはちきれんばかりに集まるスタッフ達。
しかしその彼ら、非常にヘルプフルで優しい。
フィリピンのTOEIC運営組織はHOPKINS INTERNATIONALだが、彼らが試験前後の最も重要な時期に音信不通になることさえ除けば、問い合わせにはスムーズに対応してくれるので安心して受験できる体制は整っている。
※スコアを受け取る時に知ったのですが、この組織、超高級高層ビルの中にオフィスを持ってました。何故か私が受け取りに行った時、そこはもぬけの殻でした。(笑)


さて、海外でのTOEICだが、その運営規則はかなり厳格だ。
持ち込みは一切禁止。
筆記用具は組織が支給。
目薬も、ぜんそくの薬もだめ。
一度入室したらトイレもだめ。
加えて、金属探知機で身体検査まで!
そもそも日本ではそこまで不正を予防する必要は無いので、文化の差を痛感。

そうして遂に始まったTOEICだが、受験者は70人程度。
韓国、中国、日本、フィリピン人という国籍構成である。

ここで是非強調して報告したいことがある。
それは、慣れない第二言語でインストラクションを受けて試験が要求する情報・アンケートに正確に答えることがどれだけ大変かということだ。
ご存知の通り、TOEICはお節介なくらいプライベートな情報を聞きたがる。
それを何から何まで英語で緊張しながら聞く訳だから、それはもう試験開始前からリスニングパートが始まっている様な負荷だ。
これに耐えた後に2時間200問の地獄の試験を受ける訳だから、外国での受験は既に海外生活にもTOEICにも慣れている人でないと絶対におすすめしない。
私は導入の30分で既に疲弊していた。
ただ、そういう訳で過剰に押し寄せた陽気な人員が一室に構えてあなたのことを助けてくれるので、心配は要らない。


長々と書いたが、私のTOEICの結果は855点と目標を大きく超え、結果的には達成となった。
随分遠くまで来ちまったなと、タクシーの中で静かに涙を流しかけた。
一刻も早く帰って、先生や仲間の顔が見たかった。
どんなに疲れていても、どんなにメトロ・マニラの狂った交通状況の中でWi-Fiとタクシーを捕まえることが難しくても、自分の手の中に855点のスコア表があると思えば耐えられた。なんなら歩いて帰れそうだった。


目標2 再就職に向けたルックス作り…未達成!

これは未達成とする。(笑)
食事環境は評判通り素晴らしく、毎食野菜料理がたっぷりでた。
淡々と筋トレと有酸素運動糖質制限を続けたものの、
物価の安いフィリピンのお菓子、ヌードル、屋台料理を結構な頻度で楽しんでいた。

体重は出発時から2kg程度落ちていたし、ユニークな仲間ともんでもまれている間に少し顔つきがしまったとは思うが、劇的な変化では無い為、未達成!


コメント

理性で計画を立てたって、最後にはなんの保証もないのが人生だ。
今後も道なき道を歩いていく孤独な人生なのかも知れない。
それでも良い。
私は今、英語という貴重な切符を確かにこの旅で手に入れることができたから。