Enter The Void

1991, Tokyo. A trader from the country side. Book

てるてるぼうずをつくろうかな

月曜日から金曜日にワープしてしまったかのようです。…した?実は本当にワープした?!

 

ジムから自宅へ帰って散らばった本やノートや洋服を眺めていたら、ジャンプしたくて長い間!ぐーっと思いっきりしゃがみ込んでいて足にはもう青筋が立っていて、エネルギーが溜まりに溜まっていて、遂に思いっっっっきり飛ぶだけ!!!!…みたいな気分になります。あれも、これも、あれも!ああ愛しの人生の再スタートよ!

 

そういえばお盆前に風邪をひいて以来治らない口角炎に悩まされていて、このまま顔の一部になったらどうしようと本気で恐怖に駆られてお薬を買いました。風邪薬、胃薬、口角炎と医療費飛びすぎですよ。あのお馴染みの一度開けたら最後蓋を外すと永遠に噴出するボンドみたいなタイプの軟膏と、ワンコインでお手洗いに鮮やかに色が付く気休めのビタミン剤を購入して試すこと数日。如実に良くなって驚く。バカにできません。バカにできませんよ薬局の力!

 

…さて、首記の件、明日は女ボスの自宅にて花火を見るというすっげーイベントに招いていただいている為、人生初もしくは20年ぶりくらいにてるてるぼうずを作りたい気分になっています。「大丈夫よだんちゃん花火を見ながらでも筋トレはできるわ」と四方八方から熱く推された為に逃げ場もなく参加を決めたこのイベント。って先輩たちの私の説得の仕方凄すぎじゃない?

…ありがたいものです。そんな風に参加を願ってくれたこと。

 

そう、先日、先輩方が違うポジションとして成長して欲しいから自分の収入になっている案件をもう私に譲りたいと口々に言ってくれたのです。もちろんサポートはするから。とまるで上司も進んで依頼するみたいに言って下さって、それは私が周囲に頭を下げて世話になりますとお願いすべきないようなのになあ…!と思っておりました。

社会人として次の世界が見えてきた、なにより収入という目に見える形で世界が変わっていくなんて凄い!と若造なので結構感激しました。

 

その時が来たら、全力で飛び込みたいと思っています。

 

思いやり、リスペクト、努力、オープンハート。これを揃えて周囲にぶつかって、新しいドアを開けてみたくなった。変わり者で素を見せずに生きていた私、リアリティをもてずに生きていた私にこうまで思わせてくれた環境にとても感謝しています。