Enter The Void

1991, Tokyo. A trader from the country side. Book

人生捨てたものじゃないぜ

…有給でございます。

 

そうか、世の中は働いているのか!と思い出して驚く程度には休日気分で過ごすことができました。悪い癖で、五杯も安酒飲んじゃいましたけどね…ウフフ…。

明日は遂に弊社恒例の青果狩りという名の高級グルメツアーに駆り出されますので、ワクワクしつつも自分の休日はしっかり確保させていただいたという次第でございます。(じゃないと体力もたないから。)

 

さて、今日はジムであくびをしながら通常三十分あれば充分のメニューを厭々一時間かけてやっていたのですが、買って一年になるウォークマンを触りながら遂に次になにを聞いていいのか分からなくなり…もう飽き飽きだぁあああーーーー!!!と発狂して放り投げたくなりました。

 

そうかそうか、音楽も刷新の時期か…もうダメなのか…私のウォークマンに入っている六千曲に飽きちゃっただなんて、こりゃ同じだけのものを探し出すのは大改革で大変だぞ…とため息をつきましたね…。

 

それで今日はJazz Piano TorioやBlack Musicを聞いていたのですが、それが今夜!疲れたご老体に鞭をうって場末の我が家の変革を行う為のBGMを探しにYou Tubeにアクセスしたらですね、なんといきなり出会ってしまったのです…最高のチャンネルに!!!新しいミュージシャンに!

 

思わず踊ったよ私。ビックリしました。好きなアーティストなんて何年も変わらない停滞した人生を送っていたのに、求めた時に求めているものに出会うのは本当に難しいのに。それが、現れた!音楽を聴いてまだこんな気持ちになれるなんて、求めていた音楽に出会えるなんて、まだ人生は捨てたものじゃない!!!!!

 

こういう音楽があれば、お酒なんていらないじゃん!!!!!!

 

 

 

www.youtube.com

 

 

I Say A Little Prayerは私も父も大好きな、よくジャズトリオでも演奏されている曲でした。なんて素敵なグルーブ、ソウル。なんてスウィートでパッションのあるボーカル!!世界がぱぁっと明るくなりました。笑顔でちょっと泣きながら頭降っちゃうよ!

希望をありがとう!!

 

 

www.youtube.com

 

誰もが知る名曲をちょっぴりダーティでメロウなFankで。

留学先でカラオケで歌ったなあ。

失恋に力強く反旗をひるがえして歩き出す女性の名曲!みんな大好きじゃろ!?

この曲には誰が歌おうが闘志と哀愁が残ります。

 
I will survive! I will survive! (without you, ということですね!)
「一人でなんて生きていけないと思ったけれど、あなたに傷つけられて私はどう生きるか学んだの、だからそのドア出て行って!私はもうあなたの女じゃない歓迎なんてしない!死んでると思った?バカ言わないで生き残るわよ!」ってね。最高。
 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

私が十代の頃から大好きで歌詞を見なくてもソラで歌えてしまいそうなThe Cardigansのカバーを見つけてしまいました…嬉しかったよ…。

Lovefool自体はたぶんみんな聞いたことあるキュートなポップなんだけど、Lovefoolのあの切なくて可愛い前奏を、キーボードの音数を減らしてギターと手分けして、これ渡甘くて切ない、凄く凄く優しいメロディにしている。原曲への愛しか感じない。これは本当に聞き入ってしまって泣いてしまいましたね…Lovefoolを愛して現代に生まれ変わらせてくれてありがとう。

 

 


Lately I have desperately pondered,
spent my nights awake and I wonder
what I could have done in another way
to make you stay

この頃はずっとすべてに見捨てられた気分で考え込んでいるの

夜通し起きて、あなたを引き留めるために他になにができたんだろうって

Reason will not reach a solution
I will end up lost in confusion
I don't care if you really care
as long as you don't go

 

理由は解決にならない

私は結局ひどい混乱のなかで道を見失うから
あなたの愛が本当だったかなんてもう気にしない、

あなたがそばにいてくれる限り


So I cried, and pray and begged

だから泣いて、祈りすがったわ

 

Love me love me
say that you love me
fool me fool me
go on and fool me

love me love me
pretend that you love me
lead me lead me
just say that you need me

愛して、愛していると言って

バカにして、そうして続けてバカにしてよ

ただ愛しているフリをして

私の手を握って

ただ私が必要だと言ってね

 

 

この歌詞は飛行機待っている間にぽんと生まれたらしくって、バンドのキャリア一の名曲はふっと生まれてしまうものなんだと実感したんだって。面白いわ。

 

 

明日の狩りは宝石みたいな音楽をいっぱいウォークマンに詰め込んで行くよ!!!