退院間近

f:id:sh2105858:20230120122425j:image

年明け早々、High Care Unitに搬送されてしまった...週明け退院なので、ようやくポツポツ書く気も起きてきました。

 

搬送された当日は救急車から病院にかけてずっと男性のやーなデカい声が聞こえていて、こいつらなんで大声で何回も同じ質問するんだよこっちは寝てるのに!痛いって言ってるのになんで何回も腹を押しながらどこが痛いか聞くんだよ記録するか一回で覚えて!.....と思えば助けようとしてくれた人たちに向かって非常に失敬なことを思った気がするのですが、昏睡して血圧が70だかしかなかったんだって...。

 

音は覚えてるんですが、景色はまったく覚えていないんだよね。血管がないない看護士さんが言ってて、普通刺さないらしい場所に点滴をグサグサやってました。看護士さんたちの優しい声はしっかり記憶に残ってます。

 

「重症です。十人に一人は亡くなります。入院です。」って医師らしき人が言っていたと思ったら、次は病室でげーげー血が混ざった胃液を吐いていたと思う。入院かー数日ででれるかなー欠勤したくない🫶🥺と呑気なことを考えていたのですが、家族から「パジャマ買うね 一カ月いたら買った方が安いから」と連絡がきてはじめて待ってどういうこと???????????と若干あの世からこの世に引き戻されました。

 

全身に酷く炎症が広がっていたから、障害があちこち残るリスクがあったとか...。家族は泣きながら色々な同意書にサインしてドラマの家族が死ぬシーンさながらだったそうですが、私はそんなことは梅雨知らず、何人から「ケロッとしてますけど凄い重症だったんですよ!」と言われたことか...。

 

ああ恐らく人はいざ死ぬ時が来たら怖いなんて思わないんだな、朦朧としていて、それでいてもうこうなったら仕方がないという諦めがわくんだな...辛いのは見送る方かも。そう思いました。

 

 

そんなこんなでしたが、昏睡していたおかげで自分の病状を知らず余計なことを考えずにいられたのも良かったのか、奇跡的に早々と回復して今日に至ります。やっと家でヨメヨメ吸える〜ヨメヨメに会いたい〜。

 

本件については会社が本当に寛大で、サポートに本当に救われました....。もう何回御礼伝えても足りないくらい。退院後もゆっくりしなさい、とリハビリ期間までくださって。

 

後は、なにより家族と医療従事者の皆さん...医療関係の方って看護士さんに限らず優しい方が多かった。。声や存在で人を元気づけられる。偉大...。本当に人が好きなんだなあ、と思う。

 

特に、High Care Unitで働くスタッフって生え抜きのような方々といいますか(実際はヒエラルキーはないそうですが)、それはそれは凄かった....。もう一人では何もできない、全身管だらけで命の危険がある人をケアするからね。朦朧としていた数日間、ちょっと神様の様な人たちに思えていたなあ。

 

昨日まで当たり前にできていたことができなくなるつらさ。再び歩けたときの喜び。カテーテルや点滴がとれたとき、久しぶりに一人でコンビニに行ったときの喜び.....拾った命を大切にしたいと思う。

 

 

My New Year's Resolution

 

 

Good day. During this time for celebration and gatherings, I hope you can spend time with your loved ones. Today, I am going to look back past few years and make new year's resolutions. Since I have wrote this blog in Japanese so far, this is challenging but fun☺ 

 

Throughout 2021~2022, I have felt like totally lost my direction and consistency for any kind of stuffs. Most of energey has been wasted to work that I do not believe it is deserve to do it. I was worn out, both physically and emotionally, by spending long time with people who can't be called respectable. I sometimes standed up for new studying, working out and blur blur...than repeatedly got up and fall behind due to overtime work.  Especially in pandemic situation, we all has been caught in and forced quite inconvenient and restricted life. Covid-19 has also caused terrible exchange rates, inflation, and delivery delays in business. We always have to manage these troubles, I am sure this elevated our cortisol levels... 

 

To put my feeling in word, actually I have felt myself so misery like a time traveler left alone in the future world. Everyone seems like to make grate progress, and happy family with new tecnology, but not me. What I only had is work, worthless work from old house in the country side with ton of books. I wanted to shout up "Am I dead or alive? What a hell is going on here?" I realized that everything was turned into difference from what used to be.  I finally found me as who no longer has shiny dreams as a young girl, but who is completely lost passion for the future and utterly exhausted. 

 

But a few good things happened the last year. Oneday, I met quite interesting friends. We involved very diverse charactors. Few of womens are housewife, few of womens engages nightlife business...we are getting close and close as every time we enjoy talking so silly and confide in each other's weaknesses from time to time. They remind me one of beautiful thing in our life is supporting each other.

 

So my new year's resolution is finding a new life dream, meeting new people, organizing daily life much better. (maybe with bullet journaling? Even I know I lack of talent for it? lol), and posting this blog in English.  It must be good learning and also reflesh. So thank you for reading my post! 

 

もう脳みそが疲れてきたので唐突にやめます。(笑)

初夢も最悪だったんだけど2023年は違う一年にしたいと思っている。

 

 

沈める街

27日に無事仕事を納め、いつも通り無駄に格好つけた高級ディナーを食わされて帰ってきました。よく風の子が「おじとの食事なんてご褒美になんない勘違いすんな」って言ってますけど、会社で食べる高級ディナーより一人で食うサイゼだわ...。間違いない。

 

この2日間は美容室に行ってみたり、お気に入りのタイ料理屋さんで唐辛子を泣きながら嚙み潰したり(幸せ…)、庭に花やレモンを植えたりしていました。突っ走ってきた年内の疲れの所為なのか、どうにも眠くて憂鬱です。おかゆと野菜をたんまり食べて土に触れて体を動かして養生しています。

 

最近私の愉快な奇妙な仲間達もBad入ることが多いですね。季節や気候の影響もあるのかな?「パキっちゃった」「パキっちゃった」ってかなり頻繁に言ってます。仲間内に明日カノの世界から飛び出してきたみたいな軟骨ピアスだらけの凄い綺麗な子がいるんだけど(ゆあてゃそっくり。笑)、その子が大変でねえ…なんでも薬とアルコールで頻繁に意識をブッ飛ばしちゃうらしいんだよね。自分を、意識を持っていたくない。抱えていられない。そんな感じなの。良い子なのにな。いつも大人のお姉さん達が根気強く「そんなに自分を傷つけなくても良いんだよ」「居ていいの!」と励ましてる。優しくて其々の才能に恵まれた人たちで、ええ関係に恵まれたなと感謝する2022年。

 

私はこの子たちに出会うまでパキるって単語の意味がイマイチ分かってなくて、ナニ?パキシルのこと?くらいの感じだったんだけど、知って驚きました。ごく身近な市販薬を麻薬の様に悪用できてしまうこと。東京には薬漬けの若い人達が大勢いること…。勿論とても体に負担がかかるから、中には透析になってしまう子もいるということ。危険は本当にすぐ隣に転がっているから、親御さんはしっかり見ててあげてねえ…という気持ちです。。

 

そういえばおばちゃんも若い時はいつも嵐の目の中に居るような気持ちで、自分の心(厳密には脳の神経伝達物質か?)に振り回されてきたように思うけれど、気づいたら嵐は去って、それなりに、折り合いをつけながらなんとか惨めでも孤独でも地を這って生きていけるようになってたわよ、大丈夫、と思います。

 

先日の歌舞伎町女子会の写真…区役所通りのパセラ本店でやったんだけど、あの部屋電子煙草吸えるしスマホの画面を室内の大画面で映せるから狭いけど良かったな~。みんなでアホみたいな動画流してぎゃあああああああって騒いで喉が枯れました…。まさに女子会。そういえば今度、ホストの初回とストに行くことになりそうです。かーーーっ金払って馬鹿で醜い男になれなれしくされるとか地獄だな!!!あの破裂しそうな涙袋とか厚化粧とか本当に無理!!それになんなのあの意味不明なシャンコとかいう文化は!!!!魚のくんよみうぉうぉじゃねえんだよ!!キモッ!

 

アリアナ・グランデをだして!!!

 

…という気持ちです。

 

 

 

もう2022年も終わりですが、仕事のことをgeneralに紹介するって意外と難しくてまともに貿易のことを書けなかったですねえ。私はこのブログをつい今年始めた気持ちでいたのですが、普通に2021年スタートでゾッッとしました。時間の流れ…。

 

毎回言っているけど、外資での暮らしも5年近くなると、何がみんなにとって新鮮なのか分からないヨ…。インコタームズとか興味ある?ないよね?出荷書類の作り方とか?ww あるあるなのは商習慣の差なんだろうけど、これも難しいよね~。相変わらず不良品に苦しめられています。No responseです。 ~FIN~ だからね。

 

そしてlineの謎アップデートの所為で、お友達にタイムラインがちゃんと公開されなくなってしまったようです。もう完全な独り言じゃん~。

 

 

 

ガス抜き

最後に見たのは何時だか思い出せない新宿の闇風景…。KABUKICHOは奇妙な仲間たちとの思い出の場所になりつつあるので、一番縁遠くて一番愛着のある不思議な場所になりつつあります。そういえば昨日、ここで香水くさいおにぎりをキッズに握っていたという不思議な王子様が亡くなったと報道されましたね。みんなビックリだよ。王子様、私から見ても見た目は本当に綺麗だったわ...。あの入れ墨と髪型をものにしちゃうの凄くない…あれがホストだったとか恐ろしぃぃ...。

 

異動があって以来、前任の仕事と後任の仕事の掛け持ちでパンパンで、3時間程時間外労働することも増えてきた最近。週一の出社時に都内をフラフラすることが貴重な楽しみだったのに、この忙しさではそうそうそれも叶わないだろう。特にここ一週間はタイミング悪いことに体調まで悪かったので、兎に角 茶ばかり飲んでサプリとフルーツを齧ってなんとかやり過ごしておりました。そんなことしてたら胃がちっちゃくなっちゃったみたいで、今度は酒や食の愉しみまで奪われたようでちょっと悲しくなってるよ…。昔から小食な人が羨ましかったのに、都合が良いもんですね。とか言って一週間後には元気にラーメン食ってそうですけど。

 

こういう困った時ににいつも健康のヒントを与えてくれる秘密の本屋さんが青山一丁目にあるのですが、最近の自分の調子を省みるとなんとしても昨日の出社時にそこに行っておきたかったので昨日は「すみません、一回電車に乗っちゃいたいので切り上げますが、残りのAとBは車内から対応しますので!」となんとか会社を上手く抜け出すことが叶いました(笑) ※不安感を与えないよう、帰り際にももう一度笑顔でぺこぺこ挨拶するのが大人のコツですね。。

しかしね~…まぁここまでの過密状態はそう長くも続かないだろうと、今日まで割と前向きにニコニコやってきたのですが...生理の所為なのか何か我慢の糸が切れてしまったのか分からないけど今日は「とっとと倒産しやがれこのゴミ会社」と心の何かがブチ切れちゃった(^_-)-☆ My heart will  go on.....

 

前半思いっきり愚痴でしたが、少しは明るい話題も。

ここ一か月はプライベートがなかなか面白かった。長い友人の結婚式や、ユニークな仲間たちとの飲み会や…。おかげさまでなんとか毎日お互い愚痴りながら頑張れてるよ。そして先日は弊社が創業以来最高益だったから特別ボーナスを出すとという話も…。元々あっちがやってることと、日本が中心になってやってることって全然違うんだよね。同じ会社って感じがまったくない。しかし一体いくらくれんのかね。どうせ数万だろうけど...ってむしろ予想を下回って数十ドルだったらどうしよww 外国人の言うこと、やることに期待はしないでおきましょう。これが外資で生き残るコツだ!(それでも若い人はどうかこんな他者不信女にならないで欲しい。)

 

久しぶりに書いたと思ったらいつにも増して酷い文章なのですが、メンヘラがパキりながら書いたようなもんだと思ってご容赦ください。。。頭が働いておりませんw

A Secret that you keep

 

先日、会社の良くしてもらっているえらい人から着荷の連絡と共に「膝のZAQを見て!」と謎めかしたメッセージが入っておりました。なんじゃろ~旅行帰りのお菓子かな~???と机の下を見て吃驚!!!!素敵なbirthday giftが入っているじゃありませんか…!「見て!!」の付箋がまた可愛いですよね…。

 

早速感激して御礼を伝えると、何でも最初は「はるちゃんと言ったらWhiskyだよね~でも荷物になるよね~」と考えてくれていたそうで、最終的には「女の子っぽ過ぎるかな~と思ったけど、自分では絶対買わないものにしようと思った」そうです💛

 

この話を家族にすると「ぎゃははははdisられてるじゃん!!!」って大笑いされたんですけど(笑)、いえいえ、それだけご理解いただいているんです..。私はこんな素敵なケア商品に大枚をはたくことはnever everないので…信頼関係なんです🤣

外装の色まで落ち着いていてsexyですよね。

 

それにしても、折角の連休が台風の低気圧で台無しにされてますよね~。つらい。つらすぎる。タイマッサージに二週連続で通ったのに、ものの数日で強靭な肩こりと眩暈が戻ってきてしまう。そして、今度は骨の歪みまで酷くなってきて右腕と肩が駄目という冗談みたいな状態。たぶん、ゆがんでるからすぐこっちゃうんじゃないかな…。低気圧の時は運動も立派な薬になるというのに、ここまで調子が悪いとまともにジムにも行けませんね。これはつらい。

 

元来消極的休養がまったくとれないタイプなので、「動けない」っていう状態が最も苦しいんですよね~。まあボケっとしてても良いじゃない、休みなんだし、と自分に言い聞かせた頃もありましたけど、こればっかりはど~~にも変えられない生まれつきの性分みたいで…積極的休養じゃないと、どうしても元気がでないんだよね。

 

最近は私の周囲の人も「起きられない」「腰が痛い」「頭痛い」「台風のせいで鬱で死ぬ」「いや死んでた」「大丈夫?!私も死んでた!!」とか言っているし、なんなら欠勤した人もいるので、この苦しみは私だけじゃないのね~~~!!!と多少慰められてますけど…今日も半死半生でした。私の休みを返してぇええ~。

 

そんなわけで、今は藁にも縋る思いで湿布に手を出して肩に貼ってます…。温感湿布、意外と慰めになりますね。肩こり酷い人は試してもいいかも。あの独特の匂いもなんだ沖縄のエンダーのルートビアじゃんそっくりじゃんと思うと耐えられる!は?ばーちゃんちの匂いがする??ルートビアだし。沖縄の香水だし。。。。

 

湿布でどうにかなると良いんだけどな~。流石に毎週タイマッサージに行って「どう?!つくばの銀行員!お客さん!男だよ!彼女探してる!年齢ぴたり良い人ね!」と無理矢理くっつけられそうになったり、「しょかいしてあげる車屋さん!やすいね!」と不要な車の修理をすすめられたりしてるわけにはいきませんからね!

 

(※実際凄く良い人です詐欺ではありません)

 

あ、そういえば最近すっかり整形すすめられなくなったわ。「どんどん痩せちゃう!別人になっちゃうね!」って言ってるからそのせいかナ…。

 

 

こないだ歌舞伎町をふらふらした帰りに紀伊国屋に寄ったら、すっかり改装が進んでた。お洒落になったよ!って知人が喜んでいたんですよね。改装前の紀伊国屋の、ほの暗い病院みたいに無機質な構造と本の洪水もきらいじゃなかったんだけどな~。一階の狭い通路には甘い葉巻屋さんの甘い匂いがいつも漂っていて、あの香りをかぐと新宿にきたな~と思ったっけ…って、あれ、あの店は今もあった?

 

先日もメルカリで格安で思い出のマーニーの原書が売ってたから思わず買っちゃったんだけど、後ろを見れば、案の定Kinokuniyaのシール。八重洲ブックセンターすら死ぬかも知れないという悲惨な状況ですが、なんとか首都の文化の中心地として生き残って欲しいものです…。紀伊国屋が死んでしたったときは、日本が本当に息を止めてしまったときかもね。あたちは割と本気でそう思ってる。

 

偶に足を運んでみる度に思う。新宿って、なんて汚くて魅力的な雑踏なんだろう。怖いところだな。誰かの心の薄暗い低気圧をネオンで灯して、帰り道の橋を簡単に降ろしてしまう。無数の女の人たちがあそこで道に迷って、ヘンテコな化粧をした、太陽の下ではとてもまともに見れないような醜い男たちに夢中になってしまう。そうして、気づけば帰る場所はあそこだけになってしまうんだ。二度と日の目を見れなくするなんて、良い女になれなくするなんて、酷いね。新宿って大嫌いで大好きな街だわ。

 

あたちスパイスと唐辛子はお薬だと思ってるの!と言いわけをしながら、こんな時間にタバスコをふりかけたカレーを食べました。

 

夏の終わり

 

 

いよいよ旅へ出る直前に悲しいニュースが舞い込んできました。なんとリゾートしらかみ(五能線)が大雨で運転を見合わせているらしい…。OMG…それに加えて生憎青森方面の天気予報は暫く雨。それじゃあ思い切ってキャンセルするか!ということになりました。そして僅か1日で旅程を組み直さなければならないという事態に陥ったのですが、母親はなんでもこちら任せであらゆる提案を反古にするので、貴様は幼稚園児かね??とブチ切れたりしつつも、地図を眺めているうちにふと岐阜の存在が浮かび…

 

待てよ、馬籠宿は…?そしたら郡上は…?飛騨高山もいける…?!と地図を見ながら無事数十分で旅程を組み直しました!Well Done!!!(自慢)この無駄過ぎてささやかなお金になるどころかひたすらお金が溶けていくだけのスキル、何かの役立ちませんかね……忙しく働く女子のアナタ💛僅かなキャパも無駄にしたくないキャリアウーマン・ママさんのあなたに💛色々代理でアレンジします💛自立したオンナの味方💛

 

売れないね。

 

でも変な旅行会社に中抜きされて意味不明なツアー組まれてきっしょくわるい集団行動押し付けられて隣のおっさんとかに話しかけられて旅の醍醐味を全て破壊されるより、調べごとと予約の手間だけ外注しちゃった方がよくない?!?!(-_-メ)  (偏見の塊…)

 

…とここまで新規事業を妄想したところで、こんなにボンビー無茶旅をする私が旅程なんて組んだらリッチなキャリアウーマンに苦情入れられて殺されちゃうなと正気にかえったわ。

 

そんなこんなで突如決まった岐阜旅ですが、いや~訪れた三か所とも最高でした。

 

最近体調がどうも悪くて筆がのらないから滅茶苦茶肝心なところ端折りますけど、馬籠宿は島崎藤村ゆかりの土地。古い日本家屋と行灯が急な坂道に連なっていて、水路と水車の音が宿では響いてる…。夕方には売店がすべて閉まって、コンビ二もない土地。こんな山深いところで生まれて、藤村はどうやって小説を書いたんだろうなあ。彼の蔵書を資料館で見たら、古今東西の文学や洋書が揃ってて相当な上流階級出身だったんだなあと思った。

翌日は盆踊りで有名な郡上へ。ここは本当に民家から何から昔ながらの日本家屋で風情があるところなんですよね。飛騨高山は有名ですが、郡上見ちゃうと高山は車優先で歩きづらいし、ちょっと観光地風に作った感じで味気なく感じちゃうくらい!

 

岐阜の里山の美しさって単純に「田舎」と呼ぶのが憚られる。あそこまでの自然や生活様式が未だに保存されてるって凄いことだと思う。私だってド田舎に住んでるんだけど、あんなに空気美しくないし、美味しい食べ物もない。外国人から人気だと知って超納得したわ。醤油と味噌がす~~~っごい美味しいんですよ。それを使った"けい(鶏)ちゃん"っていう炒めものが郡上の名産なんだけど美味しかったね~。あと鮎ね!!!!

 

本当はもっと貿易のこと書きたいんだけど、くそったれAmericanのせいで毎日が本物の地獄ですとしか言えないから変わり映えがないんですよ。最近はじめてちゃんとタイ(にあるドイツ)の会社とやりとりしていたら対応良すぎて天国だったよ。やっぱりタイの人らしい人当たりの良さなのか、もう毎回回答早くて「Should you had any question please do not hesitate to contact me. Wish your great holiday☺」みたいな感じなわけ。定型文っちゃ定型文なんだけど、Americaがゴミ過ぎて新鮮なんだよお…。もうあいつらやだよお…嫌いだよお…。私タイに行くよぉ…。または沖縄…。

 

人には生まれ持って北国指向と南国指向ってのがあるらしい。それで言ったら明らかに自分は南国指向だと思う。Americaで聖書より読まれた資本主義・個人主義のバイブルと呼ばれている「肩をすくめるアトラス」も第三部まで来たから、寝る前に読んで寝ちゃおう。これを読んだら少しはあいつらのことが分かるんだろうか?

夏の終わり

 

 

いよいよ旅へ出る直前に悲しいニュースが舞い込んできました。なんとリゾートしらかみ(五能線)が大雨で運転を見合わせているらしい…。OMG…それに加えて生憎青森方面の天気予報は暫く雨。それじゃあ思い切ってキャンセルするか!ということになりました。そして僅か1日で旅程を組み直さなければならないという事態に陥ったのですが、母親はなんでもこちら任せであらゆる提案を反古にするので、貴様は幼稚園児かね??とブチ切れたりしつつも、地図を眺めているうちにふと岐阜の存在が浮かび…

 

待てよ、馬籠宿は…?そしたら郡上は…?飛騨高山もいける…?!と地図を見ながら無事数十分で旅程を組み直しました!Well Done!!!(自慢)この無駄過ぎてささやかなお金になるどころかひたすらお金が溶けていくだけのスキル、何かの役立ちませんかね……忙しく働く女子のアナタ💛僅かなキャパも無駄にしたくないキャリアウーマン・ママさんのあなたに💛色々代理でアレンジします💛自立したオンナの味方💛

 

売れないね。

 

でも変な旅行会社に中抜きされて意味不明なツアー組まれてきっしょくわるい集団行動押し付けられて隣のおっさんとかに話しかけられて旅の醍醐味を全て破壊されるより、調べごとと予約の手間だけ外注しちゃった方がよくない?!?!(-_-メ)  (偏見の塊…)

 

…とここまで新規事業を妄想したところで、こんなにボンビー無茶旅をする私が旅程なんて組んだらリッチなキャリアウーマンに苦情入れられて殺されちゃうなと正気にかえったわ。

 

そんなこんなで突如決まった岐阜旅ですが、いや~訪れた三か所とも最高でした。

 

最近体調がどうも悪くて筆がのらないから滅茶苦茶肝心なところ端折りますけど、馬籠宿は島崎藤村ゆかりの土地。古い日本家屋と行灯が急な坂道に連なっていて、水路と水車の音が宿では響いてる…。夕方には売店がすべて閉まって、コンビ二もない土地。こんな山深いところで生まれて、藤村はどうやって小説を書いたんだろうなあ。彼の蔵書を資料館で見たら、古今東西の文学や洋書が揃ってて相当な上流階級出身だったんだなあと思った。

翌日は盆踊りで有名な郡上へ。ここは本当に民家から何から昔ながらの日本家屋で風情があるところなんですよね。飛騨高山は有名ですが、郡上見ちゃうと高山は車優先で歩きづらいし、ちょっと観光地風に作った感じで味気なく感じちゃうくらい!

 

岐阜の里山の美しさって単純に「田舎」と呼ぶのが憚られる。あそこまでの自然や生活様式が未だに保存されてるって凄いことだと思う。私だってド田舎に住んでるんだけど、あんなに空気美しくないし、美味しい食べ物もない。外国人から人気だと知って超納得したわ。醤油と味噌がす~~~っごい美味しいんですよ。それを使った"けい(鶏)ちゃん"っていう炒めものが郡上の名産なんだけど美味しかったね~。あと鮎ね!!!!

 

本当はもっと貿易のこと書きたいんだけど、くそったれAmericanのせいで毎日が本物の地獄ですとしか言えないから変わり映えがないんですよ。最近はじめてちゃんとタイ(にあるドイツ)の会社とやりとりしていたら対応良すぎて天国だったよ。やっぱりタイの人らしい人当たりの良さなのか、もう毎回回答早くて「Should you had any question please do not hesitate to contact me. Wish your great holiday☺」みたいな感じなわけ。定型文っちゃ定型文なんだけど、Americaがゴミ過ぎて新鮮なんだよお…。もうあいつらやだよお…嫌いだよお…。私タイに行くよぉ…。または沖縄…。

 

人には生まれ持って北国指向と南国指向ってのがあるらしい。それで言ったら明らかに自分は南国指向だと思う。Americaで聖書より読まれた資本主義・個人主義のバイブルと呼ばれている「肩をすくめるアトラス」も第三部まで来たから、寝る前に読んで寝ちゃおう。これを読んだら少しはあいつらのことが分かるんだろうか?