Standing in Limbo

というタイトルが原題の映画がNetfrixで目について。 かれこれ半年くらい業務過多な状況が続いているのだが、少し落ち着いたと思いきやまた状況が悪化の一途を辿ることの繰り返し。いよいよAss holeの為にシーシュポスの岩を転がされている思いになってきた…

帰国

無事にすべての旅程を終えて遥か琉球王国から帰国しました。 非常に濃ゆい、出会いや思い出で一杯の旅だったのでなんだか落ち着いて書く気になれなくてなあ~…。 初日、元旦に始発で成田からのフライトは想像以上に辛かった。極寒。着陸するとCAさんが「本日…

Ginza

銀座には決して気取り過ぎない素敵なお店が沢山ある。昨年会社の先輩に連れて行って貰ったsherry専門店に母親を連れて行ったところ、すっっかりsherryの虜になってしまった。ずっと再訪を楽しみにしていたので、先日はBunkamuraや森アーツギャラリーを経由し…

Self Care

怪我炎症に悩まされし一か月で生きた心地がしませんでした…解放された今日、一か月ぶりに娑婆の空気を吸った気分ですよ。ベッドに転がってネットフリックスを見てアグレッシブ列子を見るだけの土日…。週が明ければ襲い掛かる重い業務…ぎゃーーー。 不幸の始…

貿易の苦労を考えてみる

かれこれ半年以上こちらのブログで好き勝手劇場を続けてきたのですが、機種変更をしたところLINEのタイムラインがVoomとかいう謎の機能にupdateされていて大混乱でした。見てみたけれどきちんと友人が反映されていなかったようだし、どういうシステムなんだ…

徒然

退職について思い悩む一日は本当に人の心臓をぎゅっと締め付けて命を縮めてしまうような辛い一日だよなあ、と思う。退職の二文字がリアリティを増した瞬間に仕事諸々が己の生殺与奪の話として認知されるせいで、普段は眠っている損得勘定がフル回転するせい…

ジャパンでロリータを読む

ロリータって、まさか"あの"? 地元の図書館で一際存在感を放っていたタイトル。見るからに重厚な本を見つけてからいざ手に取るまでには、長い年数がかかりました。それを読み解けるほど、成熟していなかったから。 タイトルの元になったナボコフのロリータ…

This is the new shit

気づけば年末である。先月は社内マニュアルの改訂でまさに貿易の章を担当していたので、中々volumeがあって休日に仕事を持ち帰ってしまうこともあったのですが、汎用性高い分野なのでどうせやるなら将来役立つ方が良いじゃんと納得して志願して担当したので…

旅の終わり

私は今ドアに穴が開いたホテルで洗濯物が洗い上がるのを待つという苦渋の時間を過ごしています。予報では旅行二日目は雨。到着初日は綺麗に晴れていたので、二時過ぎにホテルに着いた後に少し無理をしてCamp Hansen前・金武の新開地へ行ってきました。ノスタ…

Sanctuary

内定が出た2018年の3月。4月から港区で始まる勤務の為に特急で部屋を探す羽目になった。 駆け込んだ不動産屋は天下の荒川区は日暮里(...)で、「夜のお仕事の方、フリーターの方の住居探し相談乗ります!」と手書きの案内が載っていた。ちっこい事務所に入る…

独身の日

薄ぼんやりと眺めていたニュース一覧で今年も独身の日が訪れたことを知る。ブラックフライデー中の米国人の如き勢いでUdemyに駆け込んだ。昨年は偶然ネットで「独身の日セール!未来の主人公は自分!」「今なら95%オフ!」とレズに訴求力ある広告を畳みかけ…

なしくずしの死

(少々ショッキングな記述かもですいません) 数年前、飼い犬の十三年の命の最後の瞬間。衰弱しきって静かに息をしていたところ、突如激しく痙攣が始まり、瞳がドロン、とルーレットの様に瞼の後ろに回った。陸に上がった鮪の様に、全力で抱きしめても到底抑え…

案の定キレられる

Okinawaへ旅立っている間に、案の定顧客が「俺様が必要な時になんで休んでやがるんだ」とばかりにキレ散らかした挙句、保〇区を利用した特殊な輸送に散々協力してきた弊社を逆恨みし、出来事と一切合致しない大嘘の報告をかましていたことが判明…すべての原…

ふつかめ。混沌。

那覇は本当に物凄いカオスで圧倒されますね。どれ程、何回歩いても市場が広く入り組み過ぎで迷います。放浪好きなだけあって頭にもノートにもザザザッと地図作るのが好きな方なんですが那覇はもう一生把握できる気がしません。涙 敗北。。。 特にヤミイチの…

Arrival Notice

着きました。パンク気味な日々が続いていて、緊急で重要な案件ばかりでしたので会社から仕事のTelが来ないか慄いておりましたが、今回の旅はなんとか不安は忘れて自分に贈答したい。 いざ到着するとあんなに恋焦がれていたのが嘘のようで、昨年の来沖がつい…

見捨てられし市場

ようやく念願叶って来沖が決まった。週末から3泊。丁度一年ぶりの沖縄である。 今回は仕事のことは忘れて純粋に自分の為に行こうと思うのだが、そもそもMilitaryとOkinawaは切っても切り離せないことを実感する。今回は山小屋にでも籠って鳥の声だけ聞いて…

外国からの爆笑迷惑メール

大きなProjectが始まって毎日生きた心地がしないときに、一通の不可思議なメールがメールボックスに届いました。母国語であったら一瞥して即・削除できたかも知れませんが、なんせ英語なので万が一重要な連絡だったら…と思うと恐ろしく、兎に角一読するしか…

寿退社したい

Bounded logistics 、日本語でなんちゃら園区という特殊なエリアがある。 なんでも、そこに入れてしまえば輸出しなくても貿易をしたとみなしてくれる(みなし貿易)から早々と所有権の転移ができて、一度日本へ納品しなくても客先への直送が可能。らしい。 ※困…

How far I'll go

You live only once. 通称YOLO。Age is just number以上に留学先で良く耳にした有名なフレーズだ。遂に本日"三十路"の大台に乗って、今朝は読書会の参加者さんや海外から届く嬉しいお祝いのメッセージに返事を書きながらこの言葉を思い出していました。 昨日…

クビ

衝撃の報告が舞い込んできた。ボスが辞職することになったのだ。後釜は皆から時折、いや、やや頻繁に冷笑を浴びている私の上司である。年末の飲み会でも陰で皆の批判の総攻撃を受けていた彼…。 本当に、突然の通達だったそうです。米国の本社から月初に連絡…

軍のなかへ

出張で遂に軍の中に入ってきました。 Misawaは秋のしんとした空気が似合うモダンな街で、軍を擁する街にありがちなド派手な海外色満載な看板は控え目。USというよりはEUと言った方が宜しい雰囲気でした。素敵な街、素敵なお客様だったわ。同じ青森でも、弘前…

痛い目みやがれ

Liquidated damages、通称「リキダメ」と呼ばれるものがある。ざっくばらんに言えば不手際に対する損害賠償金のことで、私の業界では納期遅延に対してごく稀に発生します。つい先日、注文書ひとつ切れないお客様から突如「実は遅れたら一日ごとに俺たち200万…

New desease

最近あった一番良いことはHiatus Kaiyoteからイイネを貰ったこと、そして恒例の地獄の異文化・遅延故障バトル以外の目星い仕事がひと段落したことでした。(あと奮発してラフロイグを買った。一瓶4000円する泥のスコッチ…) 私があんまりよく聴いている…

宇宙人たち

それがビジネスの為であろうと、次のバカンスの計画の為であろうと、明日のニュースの見出しに文句を吐き捨ててやる為であろうと何の為であろうと、既に自分が持っている体系とは異なる視座で物事を考えることを私たちが望むなら、恐らくそれは我々に新たな…

Ghost

人々は古来から死者へ会いに山へ往くという。 私はその反対に、心にわだかまった泥を置き忘れて来る為に極楽浄土の絶景へと足を運んでいた気がします。 三十歳になったなら、在りし日の酸いも甘いも全て仏さんになってもらおう。 そう胸に誓った今日この頃で…

Exodus

4泊5日の東北旅行から帰って相変わらず竹槍で戦車を倒すような日常へ戻り、砂を嚙むような気持で自宅に閉じ込められている。旅先でなんちゃって一眼レフで撮った沢山の写真を引っ張り出して整理する気力もわかないので、ひたすら石牟礼道子さんの言葉に触れ…

退屈に殺されない為に

丁度昨年の今頃だったか。池袋の行きつけのお店で、常連さんが非常によく当たると評判の占い会を開催されていて、私も「恋愛」「仕事」で占ってもらったことがありました。(まぢ当たるコワい) 確か副業で個人輸入の仕事に挑戦したいといったことをお話して…

初めての脳震盪

昨日ぬかるんだ雨上がりの道を走っていたら思いっきり後ろにひっくり返ってそのまま頭を打ってしまった…丁度金縛りの様な感覚で中々起き上がることができず、なんとか起き上がった後は吐き気と目のチカチカが酷い。携帯がよく見えないのである。 偶然居合わ…

特権ステーキ

暇で特に業務上の障壁が無いときの方が「出社」(実際はMachineをonするだけ)したくなくなるのは何故なのか…。先日から急に暇になってしまい、我が「戦場に行きたくない病」はむしろ悪化しました。どうやら竹槍をもちたくないと思う暇等ない方が兵士の精神…

悲しいことに実話です

今年もこの季節がやってきた。7月20日に青春切符が解禁される。 連休は青森行っちゃおっかな~うふふふぅ~~ッ☆彡と思い立ってあれこれ検索し始めたら、何がなんでも行きたくなってしまった。 YES, YES, LET'S GO...I LOVE TOHOKU... 今年はどこへ行こうか…