インド人との闘い

f:id:sh2105858:20161225231641j:plain


本日の出来事です。

 

Could you please reply to my concern with regard item A?

(僕の商品Aに関する懸念点について返信してくれますか?)

 

との一本のChase (※督促のことをPush, Chaseと表現します)が取引先のインド人エンジニアからやってきました。

 

背景をざっくり言えば、彼が過去数回に渡ってモデルチェンジしたitem Aの図面について、「新しいモデルになっちゃってる!古いモデルが正解だよ!」と指摘してきていたんです。その件について早く返信してくださいとChaseがあったというわけですな。(古い方も新しい方も既にあなたの手元にあるのだから、勝手にそれを参照してくださいという話のような気もしなくもないのだが…。)

 

しかし本件、彼から図面へのつっこみがあったその日のうちに、わたくしからリクエスト通りに差し替えたものをお送りしていたんですよね。それにも関わらず、彼がきちんと見ていなかった所為でこういう連絡が来てしまった。ジーザス…。急いでるんでしょ…?急いでるんだよね…?なんで一週間ホールドしたんだぃ…?

 

こうしてください!あ、やっぱり前にもどす!あっ!やっぱり変える!あっいい戻す!あっ変える!こういうrepeatをしちゃうのが、彼らなんですよねえ。

面白いことに、発注先もインドメーカーだったりすると普通に「もうやりません。きちんとFinalizeしたものを送ってください。」ってキレちゃうんですよ。こうなると地獄です。荒ぶるインド人とインド人によるサンドイッチ。インド人の仕事のクオリティにインド人がキレてる状況ってちょっと面白い…。

 

納期がなく明日にでも発注したいという案件でも、二転、三転と散々リクエストを変えて、いつまでも収束しない。これが悲しいかなIndian guyに典型的なパターンで、入社して何回苦しめられたことでしょう…。ご自身がいっつまで経っても案件の最終系を確定させることができない所為で納期が後ろにずれこんでしまっているにも関わらず、PLEASE DO NOT COUSE ANY DELAY(遅れるなよ)みたいなこと平気で言ってくるしね。何故だ…何故二重三重に苦しめられなければならないのだ…。ウ〇コ…。

 

そんなIndianとの闘いの中で、最も最悪だった闘いは、「納期がないから下記の仕様で発注を進めますよ、良いですね」と確認してYESとハッキリconfirmationをとっておいた案件について、あとからその担当者がリクエストをひっくり返して「俺は承認していない」とほざいてきた件ですね。ファァァァァァック!!!!パーーードゥウウン!!!

 

もうね、何回証拠つきつけても認めないから。

※話をすり替えたり、屁理屈を言って問題があると認めない手段は中国人も本当によく使います…。小賢しいのは彼らの方かな…。

 

私の会社のメスライオンLadiesが軒並みスマートで強いのは、こういう状況をSurviveしなければならなかったからなんだと涙ちょちょぎれながら痛感した新入社員時代でした。上記のような苦労はもはや苦労のうちに入らないくらい日常的な出来事なので、実際に大先輩たちがhandlingしてきた案件の世界は想像を絶するんですけど…。何年務めても果てがないよね…。

 

加えて、上記のガイシ系女子に多いカラーについてちょっと真面目に考察すると、そもそも英語と日本語の文化の差が非常によく表れているなあと思う。やっぱり英語ってすごく力強くてクリアですよね。

(日本人しかいない飲み会でなぜか先輩がAha~?Uuh-hh-って返事し始めた時はマジで笑いそうになりましたが)

 

帰国子女で長く海外の会社で働いているうちに中身が半分ガイジン(差別的な言葉という意見もありますが、弊社では親しみを込めてよくこの言葉を使っていますよ)になっていくというのもあるようです…。どの環境に入って、どんな人と出会うかって大きいね。

 

 

わたしは、強くて賢いってほんとうにセクシーだと思う。

日本では従順で自己犠牲的でロリロリした女性をおっさん達が好んできたと思うけど、下駄はかせてもらって生きてる裸の王様に「はい」って言わなくちゃいけない。そんなロジック ガン無視した世界って、やっぱりヘンだ。

 

強くて賢い。

そういうセクシーに、わたしもなりたい。はるを。

そう、困ったインド人にもアメリカ人にもエジプト人にもみんなみんな、負けないくらい。

 

 

※英語のセクシーって日本人がもつイメージと違ってセクシャルな意味は薄いです。どっちかっていうとHotがそれにあたりますよ。She is hot!! Gahahaとかバーで言っちゃダメですよ☆