わたしの病院

f:id:sh2105858:20210421194035j:plain

先週末、痛む腰を黙らせて青山一丁目にある病院へ行ってきた。

 

 

そこは、ブッククラブ回という本屋さんです。

”Spiritual Book Store”として、主に精神世界に関する書籍に強みを持った特色濃い本屋さんで、地下へ回廊を降りていく建築構造はまさに別世界に誘われていく感じがあります。

 

読書会を始めて以来、度々「あなたの推し本屋」を参加者さんに尋ねているのですが、ブッククラブ回さんをご存じの方に未だ巡り合えていないのです!ええ~、そんな!本好きがここを知らないなんてあまりに勿体ねぇ~~!!!!!行って~~!!!!!っと、毎回営業をかけている。(笑)

 

一口にスピリチュアルと言っても、ラインナップは非常に幅広いのです。Health & Careから文学、そして経済書まで。真剣に宗教世界を深めたい人から、ちょっと疲れて人生のヒントを探したい人まで…幅広い層に別世界の門を開いております。感動的な本棚。

 

私が初めてここを訪れた時、一歩入ると異国のお香の香りと静かなヒーリング音楽がかかっていて、まるで結解の中に入り込んだように気持ちが落ち着きました。ここは完全に安全で、まっさらな気持ちで可能性や癒しを探れるところ。あの廊下を下ると、いつもそんな風に感じられます。

 

以来、年に数回足を運んではごっそり金に糸目付けずに本を買い込むのが習慣です。私にとって本当に大切な「病院」です。

 

 

しかし…実はわたくし、今週は月曜出社だった為、土日は思いっ切って都内に宿泊することにしていたんですよね。そうして折角ブッククラブ回さんに行って癒された足で、無謀にも浅草をぶらぶら…永遠にあきずにぶらぶら…してしまったが故に、回復傾向にあったぎっくり腰を完全におかしくしました!!ウケル!

f:id:sh2105858:20210421200421j:plain

(銭湯行っちゃったりして…)

 

始めてぎっくり腰を体験した際は、もう立ち上がって歩けなくなるほど痛むという凄まじく強烈な体験だったので、今回は「ま、痛いけど歩けるな~🎵」とあまり気に留めていませんでした…。

 

腰をかばって無理矢理歩いていた所為か、月曜日には右足が痛んで歩けなくなり、泣く泣く鍼灸に電話してなんとか予約を詰め込んでいただく…。痛すぎて医院まで歩けないので、なんと無駄にタクシーを使う羽目に…本物の馬鹿だろうか。

 

そもそも何故整骨院でもカイロでもなく鍼なのかと言うと、初めてぎっくり腰をやった際に好きだった踊り子さんが(悲運にも)丁度ぎっくり腰になっていて、「すぐ鍼に行きな!!!!!」とありがたいアドバイスを下さったことでした。「Yes, sir」と二つ返事で素直に予約をとったところ...見事に治った!!!!というありがたい経験がありました。

 

 

 

ただの一回で歩けるようになり、二回目には痛みがとれた時は衝撃だった。

Thank you, 推し。尊いな、推し…

親切にも、なんてすばらしい助言をくださったことか。

 

しっかし今回の治療は脂汗をかくとはこのことかと言うほど痛くてつらかった。

30分絶え間なく痛いってこんなに辛いんですかトラウマですってくらい痛かった…が、終わるとものの見事に右足の痛みが消えていた。やっぱり鍼と整体凄い。腰の痛みはまだとれないので、明日も行きます…また痛いことされるのかなやだな。

 

鬼畜ハンドの先生曰く、「ぎっくり腰ってのは本当にすぐやらないと、放置しちゃうとダメなんだよねえ」だそうです。皆様、腰痛ははじめが肝心!私みたいに遊びの誘惑に負けて自爆しちゃだめですよ💛