Standing in Limbo

f:id:sh2105858:20220119205611j:plain

というタイトルが原題の映画がNetfrixで目について。

 

かれこれ半年くらい業務過多な状況が続いているのだが、少し落ち着いたと思いきやまた状況が悪化の一途を辿ることの繰り返し。いよいよAss holeの為にシーシュポスの岩を転がされている思いになってきたところで、読書会のみなさんにこんな時にオススメの本を尋ねたら素敵な回答がきた。「急に具合が悪くなる」を教えてくれた女性の推薦は「説教したがる男たち」と「その名を暴け」。「本の中でかえりうちにしてやりましょう!」とのこと。なんて素敵な人なんだ。(笑) 

 

なんでも本当にミトコンドリアとテストステロンで構成されている管理ができない上長なもので、当方に業務が集中している時に不要不急のことを押し付けることがよくある。その上、昨年大手からかなり灰汁のある奴が転がり込んできたもんで、定時を過ぎた後に私にCCが落ちていない案件について「対応しましたか?後手後手なので(対応できなければ)自ら声を上げてください」とか平気でのたまうわけよ。驚きでしょう。サイコパス図録かおめーらは。

 

仕方がないので業務の依頼の際には優先順位を伝えてくれればそのように対応すること、パンパンであることを遂に伝えたら急に話し合いになり、Ass hole達から逆に文句を言われるというね。わかっていたけれど、流石にこの対応には唖然として顎が外れそうになっていたところ…。なんだろうな…一線を越えてもう悲しいんだよね最近…やっぱり他の社員さんたちのことも、仕事内容も今でもrespectしているから。本当に拾って貰ってよかったって思ってたしさ。一時は慕っていた上長だしね。

 

しかしですね…ありがたいことにLadiesは支えようとしてくれているようで、「私が逆の状況になったとしたら、はるちゃんは助けようと思ってくれているよね。それと同じなんだよ。(助けるよ)」「あれから考えたけど話し合いの内容に納得できない。はるちゃんが納得できていればいいんだけど、良かったら来週話そう。私が大変な時に本当に助けられたから力になりたいです」「声を上げてと言えば聞こえはいいけど、管理を放棄しているようにしか聞こえない」と言ってくれたですよ…。誰かが気づいて、考えて踏み込んできてくれたことがありがたかったなあ…。

 

今日書いた一連のことで思う。もしかすると、確かにこの世には小さなシスターフッドのようなものがあって…いや、あるのではないんだな、そのような結託を作り出して戦わなければならない不当な状況が多すぎて、男達はそれを強いていることにすら気づいていないのかも知れません。私たちもたまには愚かなミトコンドリアになってみたいもんですよね、と嫌み言いたくなる程度には最近本当に絶望した。くさっても国内・国外の大企業相手に巨額のお金を動かしてきたはずの外国の会社でこの惨状に陥るのか…みたいな…。。でも、先日会社からキンケンを12000円分貰いましたので即・換金して本を買いました。(写真)

 

 

I am a sinner who's probably gonna sin again
Lord, forgive me
Lord, forgive me
Things I don't understand
Sometimes I need to be alone
Bitch, don't kill my vibe! Bitch, don't kill my vibe!

I can feel your energy from two planets away
I got my drink, I got my music
I would share it, but today I'm yelling

www.youtube.com