A Secret that you keep

 

先日、会社の良くしてもらっているえらい人から着荷の連絡と共に「膝のZAQを見て!」と謎めかしたメッセージが入っておりました。なんじゃろ~旅行帰りのお菓子かな~???と机の下を見て吃驚!!!!素敵なbirthday giftが入っているじゃありませんか…!「見て!!」の付箋がまた可愛いですよね…。

 

早速感激して御礼を伝えると、何でも最初は「はるちゃんと言ったらWhiskyだよね~でも荷物になるよね~」と考えてくれていたそうで、最終的には「女の子っぽ過ぎるかな~と思ったけど、自分では絶対買わないものにしようと思った」そうです💛

 

この話を家族にすると「ぎゃははははdisられてるじゃん!!!」って大笑いされたんですけど(笑)、いえいえ、それだけご理解いただいているんです..。私はこんな素敵なケア商品に大枚をはたくことはnever everないので…信頼関係なんです🤣

外装の色まで落ち着いていてsexyですよね。

 

それにしても、折角の連休が台風の低気圧で台無しにされてますよね~。つらい。つらすぎる。タイマッサージに二週連続で通ったのに、ものの数日で強靭な肩こりと眩暈が戻ってきてしまう。そして、今度は骨の歪みまで酷くなってきて右腕と肩が駄目という冗談みたいな状態。たぶん、ゆがんでるからすぐこっちゃうんじゃないかな…。低気圧の時は運動も立派な薬になるというのに、ここまで調子が悪いとまともにジムにも行けませんね。これはつらい。

 

元来消極的休養がまったくとれないタイプなので、「動けない」っていう状態が最も苦しいんですよね~。まあボケっとしてても良いじゃない、休みなんだし、と自分に言い聞かせた頃もありましたけど、こればっかりはど~~にも変えられない生まれつきの性分みたいで…積極的休養じゃないと、どうしても元気がでないんだよね。

 

最近は私の周囲の人も「起きられない」「腰が痛い」「頭痛い」「台風のせいで鬱で死ぬ」「いや死んでた」「大丈夫?!私も死んでた!!」とか言っているし、なんなら欠勤した人もいるので、この苦しみは私だけじゃないのね~~~!!!と多少慰められてますけど…今日も半死半生でした。私の休みを返してぇええ~。

 

そんなわけで、今は藁にも縋る思いで湿布に手を出して肩に貼ってます…。温感湿布、意外と慰めになりますね。肩こり酷い人は試してもいいかも。あの独特の匂いもなんだ沖縄のエンダーのルートビアじゃんそっくりじゃんと思うと耐えられる!は?ばーちゃんちの匂いがする??ルートビアだし。沖縄の香水だし。。。。

 

湿布でどうにかなると良いんだけどな~。流石に毎週タイマッサージに行って「どう?!つくばの銀行員!お客さん!男だよ!彼女探してる!年齢ぴたり良い人ね!」と無理矢理くっつけられそうになったり、「しょかいしてあげる車屋さん!やすいね!」と不要な車の修理をすすめられたりしてるわけにはいきませんからね!

 

(※実際凄く良い人です詐欺ではありません)

 

あ、そういえば最近すっかり整形すすめられなくなったわ。「どんどん痩せちゃう!別人になっちゃうね!」って言ってるからそのせいかナ…。

 

 

こないだ歌舞伎町をふらふらした帰りに紀伊国屋に寄ったら、すっかり改装が進んでた。お洒落になったよ!って知人が喜んでいたんですよね。改装前の紀伊国屋の、ほの暗い病院みたいに無機質な構造と本の洪水もきらいじゃなかったんだけどな~。一階の狭い通路には甘い葉巻屋さんの甘い匂いがいつも漂っていて、あの香りをかぐと新宿にきたな~と思ったっけ…って、あれ、あの店は今もあった?

 

先日もメルカリで格安で思い出のマーニーの原書が売ってたから思わず買っちゃったんだけど、後ろを見れば、案の定Kinokuniyaのシール。八重洲ブックセンターすら死ぬかも知れないという悲惨な状況ですが、なんとか首都の文化の中心地として生き残って欲しいものです…。紀伊国屋が死んでしたったときは、日本が本当に息を止めてしまったときかもね。あたちは割と本気でそう思ってる。

 

偶に足を運んでみる度に思う。新宿って、なんて汚くて魅力的な雑踏なんだろう。怖いところだな。誰かの心の薄暗い低気圧をネオンで灯して、帰り道の橋を簡単に降ろしてしまう。無数の女の人たちがあそこで道に迷って、ヘンテコな化粧をした、太陽の下ではとてもまともに見れないような醜い男たちに夢中になってしまう。そうして、気づけば帰る場所はあそこだけになってしまうんだ。二度と日の目を見れなくするなんて、良い女になれなくするなんて、酷いね。新宿って大嫌いで大好きな街だわ。

 

あたちスパイスと唐辛子はお薬だと思ってるの!と言いわけをしながら、こんな時間にタバスコをふりかけたカレーを食べました。